最近は葛湯が好きです

映画館のはしごとかしてみたかった

今日は映画を3作品観た。
こういうの、前からしてみたいって思ってた。
学校の授業をサボって映画館をはしごするとか、海に行っちゃうとか、そういうのやらなかったから、今取り戻してる感じかもしれない。

こういうの、文章に残すか迷った。
映画の感想って、残さなくてもまたもう一度同じものを見た時、同じことを思うのかなぁ。

でも初めて美女と野獣のアニメを見たとき、どんな風に見て感じたのか覚えてない。
だからちょっと書いてみる。

  

1作品目はモアナと伝説の海。

アナ雪はさやかちゃん〜〜って思ったけど、それとは違う意味でグッときた。

モアナが海に飛び出した後、後ろでブワッと黒いものが広がり、青く輝くエイが船の下まで来るシーン。
おばあちゃん〜〜〜って思った。
死というマイナスな印象を抱きやすい出来事なのに、何かすごく素敵な瞬間だった。

モアナの、周りの人の幸せを考えてもやもやする感じ。あの気持ち、難しいよね。
最後のテ・フィティは、ディズニーランドのフロートに出てきそう...。
英語版のサントラで聞いてたあの歌、モアナの子供の頃の歌かと思ったけど、違った。

「私、あなたのこと分かってないから、ちゃんと分かってないって言って。」
「でも、選ばれてここにいるのは私とあなただけだから、少しでも自然なままでいて欲しいというか。あなたのこと知りたいって思って」

いやもっと素敵なセリフだった。けど忘れちゃった。
モアナがマウイと向き合おうとしている姿と、その言葉選びが好き。

モアナの顔が、だんだん屋比久ちゃんに見えてきた。

 

2作品目は美女と野獣

モアナと客層が違う。劇場内は、ポップコーンからコーヒーまでいろんな匂いがする。
CMも違う。(特にポケモン。モアナの時の方が長かった。)
なんかこう…ターゲットの違いがそのまま目の前に現れていた。

エマ・ワトソンの歌い方が特徴的。修正が結構かかってるのかなぁと思ってしまった。(実際は調べてないので分からない)
ベルが変わり者だと歌うシーン、周りの人が止まってベルだけが動いているのが印象的。
キャストさんには白人さんと黒人さんがいる。(アジア人はいなかった…?)ルフゥがゲイ。こういうところがディズニーだなぁと。(ディズニー映画のキャラクタがゲイだと公表されたのは、これが初めてらしい。)

ご飯を食べるシーン、途中で野獣からベルの隣に来ちゃう。これは映画だけ。

雪の場面、アニメは鳥相手だったけど、映画は馬だった。
アニメでは鳥という小さすぎるものに対してどう触れるか悩む姿に、歌の歌詞(日本語訳)にある「繊細さ」が表現されてるのかなぁと思った。けど映画では自分と同じくらい、もしくは大きい動物相手に対して、どうやって触れたらいいか分からない、むしろ怯える野獣の姿が描かれていた。狙ってるのかな。

アニメではベルが野獣の顔面に小さな雪玉を当てるけど、映画では野獣がベルの顔面に大きな雪玉を当てちゃう。結構がっつり。
それで、ちょっと笑顔が生まれる。

お城から抜け出して街へ戻る時、ベルってあのドレスのままだっけ。
アニメと劇団四季、どうなってたっけ。

最後、花びらギリギリで助かるんじゃなくて、一回全部落ちて、みんなが骨董品になっちゃう。
そこでは、各々の大切な人との別れ方が描かれていた。
あの人、確かアニメには出てこなかったよね。

ガストンは、野獣との取っ組み合いの中では落ちていかなかった。
もっと、自業自得感が強かった。

 

3作品目はラ・ラ・ランド

こちらはお一人様も多め。夜だったこともあり、年齢層も高め。女性一人も多かった?のがちょっと意外だった。私もだけど。

サントラを聴いてからの映画館。
あ、このシーンなんだって思いながら観てた。

「この空最悪。他の男女だったら愛でるのにね。君といるのが勿体無い。」
「I hate Jazz。」
「明日は分からない。分からないから夢追い人が必要なの」

ジャズを嫌いという彼女に、ちゃんとジャズの説明をしてあげるのに驚いた。お姉さんと話していた時はジャズ嫌いな女は無理って言ってたから、嫌いって言った瞬間関係を切ってしまうのかと思った。
最後には、彼女はジャズが好きになったと言う。

途中のあのシーン。彼女は目で訴えてるのに、彼はあんまり顔に出さない感じ。
とうとう「私は今でも愛してる」と彼女から言う。
彼は「僕も愛してる」と言うけど、夢のためにか「今は様子を見よう」と言う。
周りの人とか将来とかお金とか、気にすることがいっぱいあるところが大人なのかなぁと思った。まぁ何が大人なのかよく分からないけど。

最後はこのえ?!この二人結ばれないの…?!ってちょっとびっくりした。

久しぶりに会った彼女の前でピアノを普段の仕事の時のように弾けなくなってるのは、彼女のことを思いすぎて、今でも思ってるからかなぁ。好きだから、気にしちゃうというか。そういうのかなぁって思った。

彼女がいなくなったら、まるでホッとしたかのように音を鳴らし、重ね始める。
彼女はそれを分かってたから、席を外したのだろうか。

最後の二人は見つめ合って、何を言っていたんだろう。何を思ってたんだろう。
幸せか、幸せじゃないか、とか、
そういうので言い切れない なにか。